フランスの古城【ユッセ城】

Pocket




ユッセ城

緑の森に囲まれた、ロワールの美しい古城。

「眠れる森の美女」はここから生まれました。

 

国名/所在地

フランス共和国/フランス中西部、アンドレ=エ=ロワール県 レニ・ユッセ村

 

概要

ロワール渓谷にある古城の一つで、童話【眠れる森の美女】のモデルと云われています。2000年には、「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」の名称で、世界文化遺産に登録されました。

ユッセ城は、11世紀に木造で出来た要塞でしたが、後の15世紀~16世紀にかけて、増改築されました。ルネサンス、ゴシック、古典様式など、さまざま建築様式が見られます。

東館が15世紀のゴシック様式で、西館が16世紀ルネサンス様式、南館はルネサンス様式と古典様式が混在した作りになっています。

現在は、ドゥブラカス侯爵私有の邸宅になっています。

 

建築様式

ルネサンス様式、ゴシック様式、古典様式

 

建設の歴史

1004年、誰もが恐れるバイキング、ギルデュアン一世が、木の要塞を作ったのが始まりです。

1455年、廃墟となっていたところを、フランス王シャルル七世重臣ピュエイユ伯ジャン五世が建設。その後、幾度となく増改築を経て、現在のメルヘンチックな姿になったとされます。

 

中世の暮らしや、童話のワンシーンを再現!

城内では、シャルル・ペロー(✽)作の【眠れる森の美女】のワンシーンや、当時の暮らしぶり、衣装などが、ろう人形を用いて再現されています。

木製の螺旋階段や、ヴェルサイユ宮殿の建築にも携わった建築家フランソワ・マンサールが手掛けた大階段。

49個の引き出し、隠されたイタリア式キャビネットは16世紀のものだそうです。見事な螺鈿(らでん)の装飾が散りばめられていて見応えがあります。また、森に囲まれたユッセ城を描いたタペストリーが飾られています。

テラスや庭園は、ヴェルサイユ宮殿の庭師だったル・ノートルによるものです。園内は、ルネサンス様式の礼拝堂や、ワインを保存していた洞窟などがあります。内覧も出来ます。

 

まとめ・感想

要塞から宮殿仕様のお城に様変わりしたユッセ城。15世紀~16世紀のフランスの歴代の王、シャルル八世やフランソワ一世は、頑丈で戦い向きな要塞より、優美で壮麗な城を好んで建てました。ユッセ城もまた、美しい宮殿の様相で、人々の心を魅了し続けているのではないでしょうか。

 

✽17世紀のフランスの詩人。ペローは、ユッセ城の姿に創作意欲を掻き立てられ、「眠れる森の美女」を執筆したとされています。(そもそもは、ヨーロッパで古くから伝わっている民話だそうです。)代表作に、「赤ずきんちゃん」「シンデレラ」「長靴をはいた猫」などがあります。

 

参考資料:ヨーロッパの古城+宮殿がよくわかる本/桐生 操 監修(株)レッカ社編著 2010年

参考資料:世界一美しい夢の城図鑑/世界のお城研究会 編/宝島社 2014年

他多数のWebサイトから参考にしております

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です